腰痛を解消するには|専門医院で治療を受けよう

先生

悩む人が多い症状

腰痛

なぜ腰が痛くなるのか

腰痛は、40代以上になると多くの方が悩む症状です。一度なると、腰痛はなかなか良くならないのが特徴的です。腰痛の原因は、実は何気ない習慣から起こる場合が多いのです。例えば、デスクワークなどで長時間座っていることは腰痛を引き起こします。というのも、座るという行為は腰に大きな負担をかけるからです。ずっと同じ姿勢で座り続けると、次第に体がこわばってきます。そして、脊髄に計り知れない圧力がかかり、腰に痛みを感じるようになります。その他にも、仕事などでストレスに晒されることも原因となります。なぜなら、人間はストレスを感じ続けると、自律神経のバランスが崩れるからです。それで、血流が悪くなるので筋肉の緊張を招くことになります。そのため、腰の筋肉がこわばり、腰痛が発症します。

病院での治療方法

病院では、様々な腰痛のための治療を行っています。中でも最も頻繁に行われる治療が、薬物療法と温熱療法です。まず薬物療法とは、鎮痛剤、筋弛緩剤などの薬で症状を和らげる治療です。腰痛そのものを治療するのではなく、対処療法といえます。一方の温熱療法とは、赤外線などで腰を温めていく治療です。腰を温める事で、患部の血流を促進して筋肉のコリを除去することができます。また、腰の新陳代謝が活発になるので、痛みの元となる化学物質が取り除かれます。これにより、痛みを和らげる効果が有ります。さらには、腰の筋肉や関節のこわばりが取れるので、腰を支える働きを高める作用も有ります。どの治療方法も痛みもなく、安全に行えるので、おすすめです。