腰痛を解消するには|専門医院で治療を受けよう

先生

工夫が必要な人

腰を押さえる女性

普段の日常生活において、腰に負担をかける動作が数多くあります。腰への負担が長期にわたって蓄積されていくと、やがて腰を痛めてしまい、腰痛の症状を引き起こしてしまいます。腰痛にならないためには普段の日常生活で様々な工夫をする必要があります。腰痛、特にぎっくり腰をひきおこしやすいシチュエーションとして、重い荷物を持ち上げる時があります。思い物を持ち上げるときというのは椎間板に予想以上に大きな圧力がかかっていて、この圧力を腹筋や腰筋が支えているのですが、限界を超えると腰を痛めます。重いものを持ち上げるときはお尻と膝を落とし、体全体で荷物を持ち上げるようにすると腰への負担が軽くなり、腰痛の予防になります。

腰痛は日常生活において繰り返される動作が主な原因となっています。そのため、ある環境においては特に腰痛を発症しやすいという特徴があります。社会人であれば会社で仕事をするというのが一日の大部分を占めるはずです。そのため、腰痛を引き起こしやすい職業というのがあります。代表的なものは普段から重いものを持ち運ぶことが多い職種の人です。これは、重い荷物を持つことが腰への大きな負担になっていることが理由で、具体的には運送業者や引っ越し業者の人が当てはまります。また、主婦の人も料理屋掃除などで前傾姿勢をとることが多いですし、拭き掃除や掃除機、洗濯物を干したり取り込んだりなど、腰へ負担がかかる動作が多いのが特徴で、腰痛になりやすいです。